意外?間違ったランニングの仕方とは

そのランニングのやり方、間違えてますよ!

がむしゃらに走るだけでは、逆効果です

健康維持やダイエットのために、ランニングを始めようと考えたとき、どのような服装で走りますか。 まさか、スーツやワンピースで走ろうと考える人はいないと思いますが、じつは、動きやすければ服装はどうでもいいというわけではないのです。 季節や目的によって、服装にも注意点が必要なので、その理由を調べてみましょう。

外見から?とは侮れない、ランニングの服装とは

ランニングは、何の準備も知識も必要なく、誰でもすぐ始められると思われがちです。
実際、そのように考えて思いついてすぐ始めてしまう人も、多いのではないでしょうか。
けれども、簡単にはじめられるからこそ、大抵の人が三日坊主で終わってしまったり、足腰を痛めてギブアップするといった羽目に、陥ってしまいがちです。
歩くスピードを少し速めれば、それはランニングだと思っていると、大変なことになるケースもあるのです。
簡単だからこそ、長く続けないと効果が得られないことを理解したうえで、長く続けるためになすべきことを、この機会に考えて欲しいと思います。
体に支障をきたすことなく、ランニングをやり遂げるためには、季節や天候に合った装備や、健康を損ねないための準備が必要となります。

また、体に負担をかけないために、正しいフォームで走る必要もあります。
さらに、もっとも大事なことは、長く続けるためには、辛いばかりではなく自分自身にご褒美となるような、喜びも必要となります。
そして、地道に積み重ねながら得られる達成感を、至福の喜びと感じられたとき、きっとランニングをマスターしたことになるはずです。
最初は、5Km足らずからのスタートでも、少しづつ距離を伸ばして、いつかフルマラソンを完走したいという夢も、叶えることができるかもしれません。
そんな夢を実現させるためにも、最初が肝心なのではないでしょうか。

ここでは、ランニングを無駄なく有効に行なうために、やってはいけないことや、注意することに視点をおいて、楽しいランニング生活を送れるように、アドバイスしたいと思います。

おすすめリンク

足腰膝に負担のかからないランニングフォームは

服装にも注意点があるように、ランニングフォームも気をつけないと、逆効果になる場合があります。 フォームによっては、走れば走るほど体に負担をかけ、ついには故障を引き起こすことにもなりかねません。 ここでは、理想的なフォームについて、調べて見たいと思います。

体力と目的にあった、適正な距離があるはず

短期間で、目覚ましい効果を希望する場合、短絡的に考えれば、サウナスーツを着用するなどの付加を負って、できるだけ長い距離を走ろうと考えがちです。 けれどもそれは、体に大変な負担を負わせることになり、下手をすると一日でリタイアといったケースになりかねません。